知恵袋 | Culture | ブログ | L'accent

#10ショコラのあれこれ

#10ショコラのあれこれ

 (文章ばっかりでは疲れますよね?画像制作しています。ページ只今準備中。。。もう少々お待ちくださいませ~) チョコレートいえば子供が大好きでバレンタインの季節になると様々な種類が登場する ものというイメージがあるのでは? 子供に人気なのは各国共通!でもバレンタインにチョコレートを贈るのは日本だけってご存じ?えっそうなのって思った方も多いはず... バレンタイン  バレンタインと言えばチョコレート! でもバレンタインにチョコレートを贈るのは日本だけってご存じ? そもそも恋人の日であるバレンタインは1800年の長い歴史を持つキリスト教のイベント。 14世紀頃、イギリスでは2月14日に恋人の日、バレンタインをお祝いするのは鳥がパートナーと結ばれる日だと信じられていたからという可愛らしいエピソードも。 フランスや多くの国ではバレンタインの日に大切な人に手紙やバレンタインカード、お花やケーキといったプレゼントを贈ったりする。バレンタインのカードにはハートやキューピッドなどが描かれている。 日本では1936年にとある外国人向けの新聞に「あなたのバレンタインにチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告を記載した神戸のモロゾフ製菓がバレンタインチョコレートの火付け役になったのではと言われている。   A:実は神戸は日本のバレンタイン発送の地なんですよ。ホワイトデ知ってますよね? B:もちろん。3月14日にバレンタインのお返しをする日ですよね? A:でもこれ日本や韓国だけで行われているイベントなんです。 B:えっ、びっくり! A:70年代から80年代に様々なお菓子メーカーがバレンタインに派生して作ったイベントなんですよ。 B:以外と最近なんですね。 A:そうですね、ちなみにブラックデーは知ってますか? B:ブラック?聞いたことないです。 A:これは韓国のイベントで、4月14日にバレンタインデーやホワイトデーに恋愛に恵まれなかった人たちが黒い服を着て、コーヒーや黒い食べ物を食べる日なんだそうです。 B:なんか、悲しい… A:最近ではオレンジデーもあるんですよ。 B:今度はオレンジ… A: 日本の柑橘農家などが4月14日に柑橘を大切な人に送り合い愛情を確かめる事を提案したんです。 B:まったく聞いたことなかった。 A:それは無理もないです。実のところほぼ浸透していないようなので…   チョコレートの歴史...
続きを読む