Saint Guénolé | サン・ゲノレ

『ビスキュイトゥリ・サン・ゲノレの歴史』

ここ大西洋と塩性湿地の間にあり、ゲランド半島のワイルドコーストにあるバツ・シュル・メールという町です。9世紀にバツ町は塩抽出や塩の取引のおかげで栄えていた。

その町は1000年ほど前に遡る豊かな建築遺産や宗教的遺産があります。945年にアラン・バルベトルットというブルターニュ公爵はバツ町に住居を構えたノルマンディーの人々を追い払った後、サン・ゲノレ・ドゥ・ランデヴェネック修道院にその領土をあげました。セイント・ゲノレに尽くした修道会を設立しました。セイント・ゲノレはブルターニュ地方の修道生活の教祖の一人です。

20世紀初頭に、バツ・シュル・メールにある15-16世紀に建てられたサン・ゲノレ教会の近くに老婆は住み着きました。そのお婆ちゃんは自分の消費のために美味しいバター・サブレを作ったものです。アヴェル・ヴォル・ガレット「Galettes Avel Vor」は、友人と近隣の人々を魅了して、景気のよい零細企業に移行しました。

1920:ルコント氏はバツ・シュル・メールのお婆ちゃんにちなんで名付けられたビスキュイトリー・サン・ゲノレを創設しました。ブルトン語で「海の風」という意味アヴェル・ヴォル・ガレットの販売のおかげで市内における名声を得ました。今日まで、お婆ちゃんから教わったアヴェル・ヴォル・バター・サブレの企業秘密は守られています。

1970:ほぼ20年間にわたって困難を経験したものの、ペルハトル氏という新パティシエの下で、ビスキュイトリー・サン・ゲノレは成長を遂げました。彼は、マドレーヌ、キャトル・キャール、ケーキ等、新商品を開発して、店内メニューに独特の個人的味わいを加えました。

1987:ジェラルド・ジャドー氏はビスキュイトリー・サン・ゲノレを買収しました。ビスキュイトリーにとって重要な転換点となりました。ジャドー氏の下で、基本的な価値を守りながらも、事業を発展させることを続きました。それに、彼はクイニーアマン、ビスキュイ・フイユ・ドール「金箔ビスキュイ」、ブリオッシュ、ビスコット等作って始めて、商品レンジを広げました。

2005:ジェラルド・ジャドー氏のクリストフ・ジャドーという息子はお姉さんと義兄弟と奥さんと一緒に事業を引き継ぎました。キャラメルペースト、キャラメルキャンディ、クレープ・ダンテル、ラ・プロメスという手作りチョコビスキュイ等新商品レンジを開発しながらも、父親の歩んだ道をたどりました。

ビスキュイトリー・サン・ゲノレが作られた食品はブルターニュ地方のテロワールを守ています。