ラクソンの日常

【フランスでお正月の伝統的な過ごし方】

【フランスでお正月の伝統的な過ごし方】

フランスでのお正月の過ごし方と祝い方はいくつかあります。クリスマスは家族と過ごすのが一般的ですが、お正月は友人やカップルで過ごすことが多いです。友人と再会したり、交際相手とロマンチックな休日を過ごしたりする機会でもあります。つまり、お正月は、クリスマスよりも堅苦しくなく、軽やかに楽しむことができる休日なのです。 お正月は、実は大晦日から始まっています。12月31日、人々は家にいるか、パーティーに行くかを決めます。フランスでは、ドレスアップするときに「être sur son 31」と言う表現があります。フランスでは、大晦日の夜にパーティーをすることが、いかに習慣として根付いているかを物語っています。 家にいる場合は、友人を招いて食事をしたり、テレビでカウントダウンを見たりします。外出したい人のために、家の中に、クラブそれとも街中でパーティーが開催されています。人々は一晩中、楽しんでいます。恋人たちは、静かで親密な夜を過ごすことができます。 どんな過ごし方をしても、深夜0時へのカウントダウンは誰もが最も待ち望んでいる瞬間です。 午前0時、1月1日の最初の数秒間は、ほとんどの人がグラスを掲げて新年の願いを交わします。 1月1日の残りの時間は、家でゆっくりと過ごすのが普通です。 byフランス在住スタッフ
続きを読む