トリコロールの意味知ってますか?

フランス人にとって「トリコロール」といえばやっぱりフランス国旗!

フランスの旗は青、白、赤の3色で構成される。

この配色の由来は1789年のフランス革命時にパリ市のシンボルカラーであった青・赤と王政・フランスの色だった白を組み合わせたものというのが有力な説だとか……。

当時、市民軍の色は赤色と青色でこの色の帽章を身につけていた。

ルイ16世がパリ市庁舎に出向いた際、市民軍の色ではある赤色・青色に、王政を象徴する白色を合わせたトリコロールの帽章を身につけさせることで、“君主と民衆の崇高かつ永遠なる同盟のしるし”を明示したという歴史がある。

 

ちなみに…

フランスの標語は「自由・平等・友愛」と提唱されているが、色が一つずつの標語を意味していると言われている。

⚫︎青色:自由、ブルジョアジー

⚫︎白色:平等、聖職者

⚫︎赤色:友愛、博愛、貴族

しかしこれはどうやら俗説なんだそう!

コメントを残す