フランス日記 | Journal de France | L'accent

【ヌガー・ド・モンテリマール】

【ヌガー・ド・モンテリマール】

フランス語で「Nougat」というお菓子は元々アラブのお菓子に由来したそうです。冒険者や商人の頻繁な移動のおかげで地中海盆地までにヌガーが普及されました。やがて、17世紀の後半に、プロヴァンス地方のドローム県に登場しました。その登場の経緯は不明だが、オリヴィエ・ド・セルが16世紀末にアーモンドの木をドローム県に持ち込んだことは確実です。ヌガーの欠かせない材料であるアーモンドはドローム県の住人が手に入れました。ドローム県にあるモンテリマールはヌガー名産地になりました。現在、モンテリマールのヌガー「le nougat de Montélimar」は特産です。 アーモンド以外、ヌガーの材料は、蜂蜜、卵白、砂糖なのです。時に、ピスタチオも使われています。固い見た目があるのに、泡立てた卵白でふわっとした食感。甘くて美味しい、ソフトキャンディーに近いお菓子です。モンテリマールのヌガーは、プロヴァンス地方のクリスマスの食卓に伝統的に出てくる13種類のデザートの一つです。偶然に、13のヌガー生産者は現在モンテリマールのヌガーを製造しています。 17世紀からずっと作られていたモンテリマールの特産を味わってみませんか? byフランス在住スタッフ
続きを読む
【レヴェイヨンとは何ですか?】

【レヴェイヨンとは何ですか?】

12月31日に、世界中で様々な年越し行事が行われています。どこでも、とても期待されているイベントですね。 レヴェイヨンといったフランスの年越し行事は日本であまり知られていません。レヴェイヨンはクリスマスからわずか一週間後なので、クリスマスの«つづき»のようなイベントです。 このイベントは、家族で過ごすか、友達で過ごすかは、人それぞれなのです。クリスマスで家族で過ごしたら、友達でレヴェイヨンをするは一つのパターンですが、他にもたくさんあります。 クリスマスと同じように夜中までごちそうを食べます。クリスマスに近いなイベントなので、できるだけクリスマスと違う食べ物を用意しているがクリスマスと同じ食べ物も時々食べてしまいます。 では、レヴェイヨンによく登場する食べ物は何でしょうか。 前菜はフォアグラ、パンデピス、エスカルゴ、シーフード(カキ、ホタテ貝等)、ダンゴウオの卵です。よく出てくるメインは鶏の丸焼きです。デザートは、マカロンをはじめ高級なお菓子か、ライチのような美味しい果物を食べます。 飲み物は、クリスマスとは変わらなく、ワインとシャンパンです。 byフランス在住スタッフ
続きを読む