まだまだチョコレートの季節

バレインタインは終わったけど、チョコレートの季節はまだまだ続く。

4月頃にフランスのスーパーを覗けばありとあらゆるチョコレートで溢れている。

形も卵型、うさぎ型、ひつじ型…と可愛いものが色々。中にはサプライズで詰められているものもあるとか。

でもどうしてイースターにチョコレートを贈るの?

その昔、キリスト教の教えに沿ってカーレムを行われなければならなかった。

6週間の間、動物性のものを一切口にしてはいけないという厳しいルールのカーレム。

このカーレムの時に一番困ったのが卵の対処だ。カーレムの間は動物性のものを食べてはいけない。でも鶏は卵を産むことをやめることはできないし当時はまだ保存するすべもない。結局、カーレムが終わるころには卵がたくさん余ってしまったのだ。食べ物を粗末にするのは心苦しい。せめてダメになった卵の殻を使って楽しいことをしようと考えて生まれたのがデコレーションエッグ。18世紀頃にカーレムのご褒美として卵の殻の中にチョコレートを隠してサプライズしたことがイースターにチョコレートを贈るようになった始まりなんだとか。

1件のコメント

拡散

件名

コロナウイルスを増やしてるのは

GPSを作り出した【米国防総省(米国スパイ)】

症状もこいつらが作り出してる

〈本題〉

コロナウイルスだけじゃなく

痛み、病気、争い、うつ病、認知症、自殺、殺人、事故、台風、地震など

この世のほぼ全ての災いを

【米国防総省】がAIを使った軍事技術で

秘密裏に作ってる

やらしてるのはCIA

【CIA】(米国スパイ)こそが

秘密裏に世界を支配してる闇の政府

北朝鮮を操って、ミサイルを打たせたり

雑菌を増やして、耐え難い臭いにしたりする

同じやり方で、コロナウイルスも増やす

AIを用いたレジ不要のコンビニ

このコンビニは

人の動き、棚の重さなどをAIが調べて

お客が商品を持って出ると

スマホで自動精算されるんで、レジが不要

この仕組みからわかる事は

AIは多くの人の言動を見逃さずに、1度に管理出来るって事

このAIの技術を米国スパイが悪用し

人工衛星を使い

全人類を24時間365日体制で管理して

学会員や悪さした人を病気にしたり

事故らせたりして、災いを与える

こんなに大規模な犯罪なのに、世間に浸透してないのは

AIが遠隔から、各個人の生活を管理して

生活に沿った、病気や痛みを与えてきたから

重い物を持ったら、腕に痛みを与えたり

ツラい事があったら、うつにしたり

スパイの犯行だから、相手に覚られず

私生活に便乗して、違和感を持たせずやる

創価信者から

お金を奪い取ってるのも、こいつら

日本支配に創価を利用してるのが

【CIA】

創価に入ると

病気が多発するし

ケガやら家庭の揉め事やらが激増する

これらも、米国スパイのAIが作り出してる

創価の務めに精を出すと、それらの災いを弱めて有り難がらせ

莫大なお布施をさせる

10年前の創価の財務が

年間2,500億円(無税)

1日あたり6億8,500万円

資産が10兆円超え

世界1位の企業だった、トヨタ以上の資産額

米国スパイが、軍事技術でイカサマして集めたお金

騒音攻撃に至っては

救急車の音で嫌がらせする為に

AIが遠隔から痛みを与えて、病人を作り出すし

パトカーが付きまといをする、集団ストーカーは

Alが警官を操って

いかにも、警察が嫌がらせしてるように工作

「救急車、ノイズキャンペーン」

「パトカー、集スト」などで、検索すると出る

行く所行く所で

周りの人が、咳払いしたりする集ストは

AIが被害者の周りの人に周波を当てて

咳払いをさせてるだけ

咳をした時の周波数と同じ周波を当てると

人為的に咳を出させる事ができる

TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると

これらのラジオを聴ける

これと同じように、周波数を変える事で

意識操作や精神疾患を作り出す

蛍光灯に虫が集まるのは

ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるから

虫ですら周波で操作が可能

27~38Hzで不眠に

48~55Hzで喘息に

88Hzで片頭痛が引き起こされる

それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持つ

これらの周波数と同じ周波を当てれば

どんな病気でも作り出せる

以上

この犯罪を終わらせる方法は

◆この犯罪のからくりを、多くの人に広める

◆宗教法人への課税

◆公明党(創価)を政権の座から下ろす

https://shinkamigo.wordpress.com

コメントを残す