De Marlieu | ドゥ・マリュー

『ショコラトゥリー・ドゥ・マリューの歴史』

1867レマン湖の側にはあるヴェヴェという町でショコラトゥリー・ドゥ・マリューの創立者アメデさんが誕生。

1906:アメデさんが40歳になり元々やっていたミルク配達を兄弟に任せ生まれ故郷で5人のチョコレート職人とともにマリューのお城でチョコレート工房がスタート。

当時、ヘーゼルナッツのプラリネ入りブラックチョコレート、マラコフ人気商品。

苦すぎるマラコフに代わり、子供にも優しいアルプスのミルクを使った甘くてクリーミなミルクチョコレートが誕生。

 100年以上経った今でも愛せれ続けているロゴには背伸びして大人なチョコレート、マラコフを脚立に座って食べてる女の子そしてそれを食べたそうに見ている猫たちが描かれている。

現在もアルプスのおいしい恵を使った子供でも大人でも美味しいチョコレートを毎日届けています。

 ラクソンではバレンタインの季節にぴったりなショコラトゥリー・ドゥ・マリューのショコラカセやチョコレート菓子をお届け!