ありがとうの歴史

誰かに感謝の気持ちを伝える時に使う言葉。

日本でも世界でも1日にもっとも使われている言葉だ。

今回はありがとうの歴史をみていこう。

日本語であれば「ありがとう」は本来、「有ること」が「難い」つまり「珍しくて貴重」や「この世にあるのが難しい」という意味があった。時代と共に意味合いが少しずつ変わり、現在の感謝を表す「ありがとう」へと変化した。

フランスではというと。。。

その昔、「merci」という言葉はお給料やご褒美を意味していたそう。商いを表す言葉「marché」によく似てる「merci」は商売人の中でよく飛び交う言葉だった。

この時代フランスのありがとうは「grace」という言葉が使われてた。今では「誰か・何かのおかげ」という意味合いで使うことが多い言葉だ。

時が流れ「merci」という言葉は当たり前のように感謝を表す言葉に進化したのだ。

 

コメントを残す