[miniコンテンツ]歴史に触れるお菓子

金のラフィアに蝋印のある木箱。
趣のある雰囲気に歴史を感じます。

フランス・フランシュ・コンテ地方の小さな町、モンボゾンのお菓子「Biscuits de Montbozon ビスキュイ・ドゥ・モンボゾン」と言います。

ビスキュイ・ドゥ・モンボゾンの歴史は古く,1789年フランス革命時にヴェルサイユ宮殿・王ルイ16世の宮殿パティシエがこの小さな村に避難して、貴重なレシピを伝えたのが始まりとか。

それが後に<王のデザート、デザートの王>となり、現在に伝わっています。

フィンガー状に絞ったビスキュイ生地に粉砂糖を振りかけて焼き、焼き上がりの熱いうちに2枚1組が付いて一つのビスキュイになっています。

その香りはベルガモットやオレンジの花の水など特別に調合されたもの。
日本では味わったことのないふんわりとフランスの余韻すら感じます。

現在、こちらオーナーのランテルニエ社とラクソンはお取引を始めてもう5年にもなります。
ラクソンの代表も現地へ何度か足を運んで工房も見学したよう。

私もぜひ行ってみたい!

今はまだフランス旅行はお預けのようですが、このビスキュイをひとくち食べれるとフランスへすぐに思いは馳せます。

マリーアントワネット気分でこれからの時期に嬉しいショコラ・ショー(ホットチョコレート)と合わせるのもどうでしょう。

旅するように楽しんで下さい。

 

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。